魚探-uotan-
魚探トップ魚探行記
 網持ってぶくぶく持って魚探行記。
 2001.05.19 「流血マリーナ in 淡路島」 その2 カミツキハゼ?



水槽住魚
魚探行記
魚探撮影

設備
リンク集

トップページ


| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |
次に釣れたのはこの子。去年釣れた時は指にがぶりとかみついて、えらいびっくりしたんよね。カミツキハゼって呼んでたけど、本当の名前は何やろか?


ぽかーん、としてる

この子の名前はイトヒキハゼ(スズキ目ハゼ科イトヒキハゼ)。この子はオスやね。むっちゃ立派な背鰭や。トンボの羽根みたいやね。


「俺の背鰭かっちょえーやろ」

顔から胸にかけて青白い点が出てる。あー、ええなー、飼いたいなぁ。


「はよ逃がしたれよ、にぃちゃん」


夜に懐中電灯で照らしてみたら、むっちゃ綺麗やろなぁと妄想しつつ放流。ぬー、かわいいやんけや、イトヒキハゼ。

お次はメスがあがる。


ちょっと怒ってる・・・?

あれ?メスは全身に青白い点があるやん。それに縦縞やん。横縞も薄くあるけど・・・イトヒキハゼやないんかなぁ。せやけど第二背鰭と尾鰭の特徴は一緒(オレンジの斑点がある。尾鰭の下半分はオレンジの線)やしなあ。ぬーん。後で調べてみようっと。


よく吸い付きそうな腹鰭

この子の腹鰭って、縁が黒いねんね。よう吸い付きそうな腹鰭してるわ。

イトヒキハゼってテッポウエビと共生するんよね。もしかしたら、この子らも共生してたんかもしれんなあ。潜ってみてみたいなぁ。・・・って、船の下やねんから危ないわな。残念。

夜を待って、アミ入れすんでー。

| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |