魚探-uotan-
魚探トップ魚探行記
 網持ってぶくぶく持って魚探行記。
 2001.05.27 「かにかにパラダイス」 その2 シオマネキング



水槽住魚
魚探行記
魚探撮影

設備
リンク集

トップページ


| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |
波打ち際でアミ入れしてると、妻が潮溜まりを発見。おお、そりゃ面白そう。水中の石をどけていくと、でっかいカニ発見。何ガニかな。


「はよ逃げんと。」

このカニ、むっちゃ動きが早いねん。じっとしてるかと思うと、いつの間にか別の場所におる。この子は生きてたけど、死んでるでっかいカニも多い。お腹開いてるから、産卵後に力つきて死んでしもたんやろか。

続いて石をどけていくと顔が妙に白いハゼを発見。これまで見た事のないハゼかなー?って、キミはもしかして・・・


「またまた会おうたな、にいちゃん。」

ドーローメーかー。顔が白くなってたんは住んでる場所に合わせてたんやね。ケースに入れてしばらくしたら、だんだん濃くなってきたわ。DVでなめ回すように撮影。かなり嫌やったやろな。すまんドロメ。でもこれで、いつでも動いてる姿をテレビで見れるし。許したってくれ。

その頃干潟では・・・

「潮来い。潮来い。潮来い。潮来い。」

ハクセンシオマネキ(十脚目スナガニ科ハクセンシオマネキ)が潮来い音頭を踊っていた。面白いなぁ、この動き。かっ・・・こん、かっ・・・こん。こっち来い言うてるみたいや。

立派なチヌ(スズキ目タイ科クロダイ)の死体。満潮時に打ち上げられてしもたんやろか。トビが飛んでたから、明日には骨だけになってるかもね。


釣れたら強いヒキしそう。

最後に見つけたカニ(十脚目イワガニ科モクズガニ?)に挑む妻。


「みーぎー、ひーだーりー。」

鋏まれたらむっちゃ痛いぞー・・・って、鋏まれへんかった。びっくりして鋏むタイミング外したんかな。チャレンジャーやな、妻。

てなわけで、トビハゼはもう姿を消して、干潟・ハクセンシオマネキの保護区になっている場所での魚探でした。もうすぐ夏の海水浴シーズン。ゴミがたくさん捨てられないように祈る。

| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |