魚探-uotan-
魚探トップ魚探行記
 網持ってぶくぶく持って魚探行記。
 2001.06.03 「干潮短期決戦!」 その1 恥ずかしがり屋テッポウエビ



水槽住魚
魚探行記
魚探撮影

設備
リンク集

トップページ


| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |
がーん、起きたら昼前。今日は早起きして遠出する予定やったんやけど、寝坊してもうたー。一度は中止する事になったけど、せっかくの休みやし行く事に決定。目的地到着は多分2時頃。今日は短期決戦や!(でもいつもこんな感じ?)

さー、海に到着。希望してた干潟はないけど、生き物が多くて面白そうな場所やわ。トイレが側にあるし、少し歩いたら自動販売機もある。うんうん、ええ場所や。


石垣で囲まれてるから波が少ないねん

潮が引いてて、取り残された(もしくはあえて残った)生き物たちがたくさん居るわ。歩くたびに魚の群が動くねん。底をみると、むっちゃようさんハゼが居る。ヤドカリ・カニも多いなぁ。

腰を落ち着かせて波打ち際を覗くと、ヤドカリが喧嘩してる。何が原因で喧嘩してるんやろか。求愛行動やないやろし。黒ヤドカリの手がむっちゃ伸びた!


黒ヤドカリの右ストレート。よける白ヤドカリ。

あ。白ヤドカリがよけてカウンターくらわしよった。結局カウンターくらった黒ヤドカリが逃げて喧嘩は終了。黒ヤドカリより小さいのに凄いな白ヤドカリ。お見事。

その頃妻が謎の物体を発見。


謎の物体チェック中。

砂で出来た少し堅めの物体。砂で出来てるのにちぎる事が出来るねん。


ちぎったとこ。

断面もやっぱり砂やわ。粘液で固められたって感じやな。予想やけど、これってワカメとかの海藻の表面に張り付いてたんちゃうかなぁ。曲線が幅のある海藻っぽかったし。謎やなぁ。おもろいなぁ。

2001.05.19追記
 がーん・・・。なんとこれはツメタガイの卵なんやってさ。形から「スナヂャワン」と呼ばれる、やってさ。どうやってこんな形に卵を生むんやろか。うにょーんって回転しながらやろか?

底のハゼを見てると、再び妻の呼ぶ声。指さす先には・・・


中央右よりの穴に注目

エビが巣を作ってる!ハサミの先が白く見え隠れしてるわ。感動。テッポウエビちゃうか、これ。是非とも全身を見てみたい!テッポウエビの脱皮した皮(やと思う)をチェックしながら、動かないように気を付けてねばる事数分。ついに姿を現すテッポウエビ。


「んしょ、んしょ。」

巣を作ってる最中やね。ハサミを器用に使って、ブルドーザーみたいに砂を押し出してるわ。目が白っぽく写ってるなぁ。実際どうなんやろ。背中には黒い、太めの筋。この子は左手が大きいねんね。砂を運び終えたら、むっちゃ素早く巣に戻って行ったわ。警戒心強いなぁ。そらイトヒキハゼと共生したら心強いわ。

ビデオに撮れたから家に帰ってからテレビで見てみようっと。偏光フィルター買っといてよかったなぁ。フィルターなかったら水面の反射でちゃんと写れへんかったやろし。動きが撮れるってええね。画質はデジカメに劣るけど、静止画に落とせるし。ちなみにこのページに掲載してる上記6点の写真はビデオから落とした静止画。

この後、またしても妻が謎の生命体を2つ発見。きみは謎の生命体センサー?
って事で、その2に続く!

| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |