魚探-uotan-
魚探トップ魚探行記
 網持ってぶくぶく持って魚探行記。
 2001.07.21 「川底はよしのぼりパラダイス」 その1 でっかいテナガエビ



水槽住魚
魚探行記
魚探撮影

設備
リンク集

トップページ


| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |
今日は峡谷。あんまり暑くないなぁと思ってたら、じわじわと太陽。今回も到着前に汗だくやわ。でも、木々の下の道を歩いてたからちょっとましかな。川沿いに歩いて、降りれる場所を発見。流れが急な所とゆるやかな所があって面白そうやわ。


なかなか良さそうな場所

岩場にカバンを下ろそうとして、ふと川を見ると・・・げげ、でっけぇテナガエビやん。急いでアミを取り出して足場を固めてアミ入れ・・・あう、逃げられた。でも、ここにテナガエビが居る事が分かったしね。ほんまええ場所そうやわ。

カバンをちゃんと下ろして川を覗くと、むっちゃいっぱいの稚魚。すくって撮影。


「むっちゃいっぱい居るで。」

前回もそうやったけど、稚魚は全然わからへんなぁ。一体何の稚魚なんやろかな。

上着脱いで、短パンに履き替えてずぶずぶ開始。んー、水は思ってたほど冷たくないなぁ。

まずは岸に近い場所でアミ入れ。主に石の下にアミを入れていくと、3cmぐらいのエビを発見。何エビかな?


「触覚長いねん。」

んー、触覚は長いけど、手はあんまり長くないなぁ。手の黄色い部分は・・・ないみたいや。ミナミヌマエビかな?と思ってんけど、なんか違うような気がするしなぁ。あとで調べてみようっと。

引き続き石の下にアミ入れ。ちっちゃいヨシノボリがいっぱい出てくるけど、大きいヨシノボリが見あたらんなぁ。今度は大きい石の下を探る。あ、なんかでかいのが飛び出したで。左手に持ってたアミですくいあげる(実はこの時、アミ二刀流)。


「で、でけぇ・・・」

こらでかいわ。本体部分だけで、ラッキーストライクの箱よりもでかいやん。アクリルケースに入らへんから、プラケースで撮影。プラケース持ってきといてよかったわ、ほんま。片手がない子やったけど、それでも迫力あるなぁ。ん?最初に見たのは両手がちゃんとある子やったよな。この川って、テナガエビが多いんやね。


「フォッフオッフォッフオッフォッ」

アップで見ると、バルタン星人思い出すわ。バルタン星人のモデルはセミらしいけどね。負け越してるけど、これでやっとテナガエビとの勝負は一段落やわ。

さて、お次は深い場所と流れが急な場所。大きいヨシノボリやハゼ達は居るかな?って事で、次回に続く!

| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |