魚探-uotan-
魚探トップ魚探行記
 網持ってぶくぶく持って魚探行記。
 2002.04.28 「再び1泊温泉旅行。」 その2:カワヨシノボリ達と謎の稚魚



水槽住魚
魚探行記
魚探撮影

設備
リンク集

トップページ


| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |
あれから石の下とか木の下とかをチェックしてみたけど、テナガエビの姿は見えず。うーん、深場に移動してるんかなぁ。

って事で、探す対象をヨシノボリに変更。石をどけていくと、いつもと変わらないヨシノボリ達の姿。なぜかメスが多いなぁ。なんでやろ?


ヒレが欠けてるねん。

上はカワヨシノボリ(スズキ目ハゼ科カワヨシノボリ)のメス。流れのゆるやかな場所に居るのは小さい子って感じがする。小さいくて吸い付き力が弱いからかな?

今度は流れ込みの下の大きな石を持ち上げて、アミを軽く入れてみると・・・


呆然とする稚魚たち。

ハス(コイ目コイ科ハス)かオイカワ(コイ目コイ科オイカワ)(やと思うんやけど)の稚魚たち。口先と背鰭の一部が赤色ってのが特徴やと思うねんけどなぁ。なんでかはわからんけど、この子達の背中ってなんか好き。

流れが急な場所で石をどけると、大きなヨシノボリがわんさか。お腹が大きい子がおるわ。ご飯いっぱいあるんやろうなぁ。


目つきが悪い、カワヨシノボリのメス。

今日の魚探はこれで終了。この後、温泉に入ってしゃぶしゃぶ食べて就寝。次の日は虫や植物を撮影しまくって帰宅。あー、よく遊んだ!近い内にまた行くかもね。

| 前へ | 次へ | 魚探行記トップ |